なんでもありっさブログ

見る・聴く・食べる・歌う、なんでもかんでも!

幸せなひととき

1/19(日)KIWA天王洲アイルで、バースデーライブをやらせてもらった。

f:id:alissak:20200121234310j:plain

本当に驚くほど「縁の塊」みたいな会になりました。

みどりじゃないですよ、えんです。

縁(えん)のかたまりです。

f:id:alissak:20200121234357j:plain

はじまりは、去年の夏。

KIWA天王洲でIIJさんのイベントのお仕事をさせてもらったことから始まった。

大人気の本『読みたいことを、書けばいい』の著者・青年失業家の田中泰延さん「第九」に関するトークショーをしたあとに、ベルリンフィルの新指揮者による「第九」の演奏をハイレゾ+4Kで楽しもうというイベントで、私はその司会を仰せつかっていました。

 

そこへ私と共にライブ活動をしてくれている永田ジョージが遊びに来てくれ、偶然、泰延さんとジョージが昔からの知り合いであることが発覚。

 

イベント後、会場であるKIWAの金森さんは、打ち上げで私に言いました。

『久しぶりにマイク乗りのいい声だなぁと思ったよ〜!』

 

(嬉しい。)

柄にもなくもじもじとする私。

 

すると、これまた金森さんと知り合いだった永田ジョージは言いました。

『有沙さんは歌もうたっていて、その歌声もいいんですよー!!来年のバースデーライブを是非KIWAでどうですかー!』

 

わー!いいね!やろうやろう!

と、その場の勢いと皆さんの善意とノリの良さで、あっという間に【1月19日(日)の17時からバースデーライブ】というブッキングがされたのでした。これが去年の8月の話(笑)

 

 

KIWAの皆さん、私の歌を聴いていないうちから決定してくださったけど、、、大丈夫なのかしら…と思っていたら、もう年末。

急いでライブの方向性を決める。

 

そして、ライブメンバーが決定。

おなじみの 旅するピアニスト 永田ジョージさんに、

4年前のバースデーライブにも出てくれたフレットレスベースの織原良次さん。

そして、なんと作編曲家・ヴァイオリニストの斎藤ネコさん!!!

 

去年の3月まで続いていたTOKYOFM「五線譜の解体新書」でインタビューさせてもらった縁で、飲みにいったり、ライブで演奏してくれたり、飲みにいったり、飲みにいったりする仲に!!(だいたい飲んでる)

 

しかも、ライブの真剣な打ち合わせ(飲み会)をネコさんとしたときに『よし!じゃライブに向けて曲を作ろう!!』と言ってくださり、私が詞を書き、ネコさんが曲をつけてくれることになったのです。

 

レコード大賞紅白歌合戦など、ネコさん自身のライブも含め猛烈に忙しい年末の話です。

 

そんなこんなで、本当に縁の塊みたいなライブが開催されました。自分でも驚き。

 

前書きがずいぶん長くなってしまったな。

 

f:id:alissak:20200121234500j:plain

ライブのサブテーマを「海と空」と設定してから、ショートショート作家の田丸雅智さんに新しい物語を書き下ろしてもらい『海風のコーヒー』がうまれました。

 

そしてこれまたジョージが紹介してくれたBROWN'S Cafe & Beansの田中さんが、オリジナルブレンドコーヒーを作ってくれるというので、ライブで朗読する『海風のコーヒー』をモチーフにした【海風珈琲】が誕生!!ライブで限定販売することに。

 

https://www.instagram.com/p/B7dHqJKj8Rw/

f:id:alissak:20200122000249j:plain

(田丸さんが物販してくれました)

 

 

そして、わたしは身なりやヘアメイクに無頓着なので、これまたジョージの結婚式で出会ったヘアメイクアーティストの茂手山貴子さんにお願いすることに!!

f:id:alissak:20200122000755j:image

(茂手山マジック!!!!)

 

さらに、ライブの写真は、奇跡的にスケジュールが合って、カメラマンのイナさんにお願いできることに!!!

 

これは、最強メンバーが揃ったのでは!!!

緊張に弱いチキンな私を支えてくれる方々が続々と集まってきてくれたのです。

 

そうして迎えた当日。

ほどよい緊張感を持ちながら、ライブがスタート!

f:id:alissak:20200121234701j:plain

f:id:alissak:20200121234730j:plain

f:id:alissak:20200121234802j:plain

f:id:alissak:20200121234622j:plain

【1st】

1.wave

2.椰子の実

3.朗読  「海風のコーヒー」

4.beyond the sea

5.how deep is the ocean 

6.ゆりかごドライブ(オリジナル曲)

 

【2nd】
7.Moon river

8.blackbird

9.vincent

10.冬の星座

11.朗読「雪のレコード」

12.世界の約束

【ENC】
13.I need to be in love

 

f:id:alissak:20200121234838j:plain

朗読即興ショーはいまだかつてないほど、美しくクリアに響きました。

 

 

f:id:alissak:20200121235031j:plain

ネコさんとのオリジナル曲は「ゆりかごドライブ」

昨年私の弟家族に娘が誕生したこともあり、父母との会話に、私と弟が小さかった頃の話がよく出てくるようになり「有沙は小さい頃、全然寝ない子で。よく寝かしつけにドライブ連れていったわ〜」なんてことを言われたんです。

現代でも、子どもを寝かしつけるためにドライブするひといるのかなー?と不思議に思い、友達や知り合いに聞いたところ、昼から夕方にかけてドライブしてるという声が比較的多いことに驚いたのでした。

 

よし、これを詞にしよう。

ああでもない、こうでもないと私がこねくり回したポンコツな詞を、

長きに渡って「おかあさんといっしょ」の音楽を手がけてきたネコ師匠は魔法をかけるように、キラキラウキウキする曲に変化させてくれました。

 

「ゆりかごドライブ」思い出の一曲になりました。

 

f:id:alissak:20200121235132j:plain

歌も朗読も、

波や空気に溶け込んでいくような心地よさで、最高に気持ち良いライブでした。

 

f:id:alissak:20200121235105j:plain

f:id:alissak:20200121235531j:plain

KIWAの環境とスタッフさんの素晴らしい技術。

一緒に演奏してくれたジョージ、織ちゃん、ネコさんの優雅で、美しくて、かつ楽しい音たち。

見違えるほど美しくヘアメイクをしてくれて、緊張をほぐしてくれたモテさんに、じーんとくるドラマをみせてくれた田丸さん。この幸せな瞬間を、すばらしい写真におさめてくれたイナさん。

 

f:id:alissak:20200121235614j:plain



そしてなにより、このライブにわざわざ足を運んでくれた大好きな皆さん!

ラジオを聴いてくれている人、仕事でお世話になった人、飲み仲間、結婚式で司会をさせてもらった人、歌い手ともだち、わたしの人生を色鮮やかにしてくれる大好きなひと。

そして、このライブの縁をつなげてくれた、田中泰延さんIIJの方々!!!!

f:id:alissak:20200122000820j:image

客席のライトがパッとついて皆さんの顔が見えたとき、私はなんて幸せ者なのだろう…と幸せをかみしめました。

 

これで、今年も力強く生きていけます!!!!

 本当にありがとうございました。

 

去年の8月、「第九」のイベントに始まり、

その5ヶ月後、ライブの最後は「だいく」(カーペンターズ)で締めました。

たまたまでした笑

 

 

ああ、本当に永田ジョージは、出会わせ屋だなぁ~~!

f:id:alissak:20200121235900j:plain

「永田さんだぞっ!」

 

 

みなさんに、たくさんの感謝を。

本当にありがとうございました!!!

f:id:alissak:20200122000006j:plain

 

「いつも心に、すしざんまい!!」

f:id:alissak:20200122000033j:plain

 

田丸さんと茂手山さん、そしてライブに来てくれたアーティストを交えて記念写真!

f:id:alissak:20200122000204j:plain

 

契約期間を、越える。

新年おめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願い致します。

f:id:alissak:20200109123322j:image

 

今年は、というか今月19日、

4年ぶりにバースデーライブをやります!

といっても、誕生日を祝いに来てほしいという気持ちはありません笑

 


どちらかというと、

ここまで皆さん大変お世話になりました。ありがとう、という感謝の気持ち。

 


4年前にバースデーライブをしたときは、正直に言うと、文化放送の契約アナウンサーとしてあと3ヶ月のラストイヤーだったのです。

 

東京に来て3年間、ラジオやライブを通してたくさんの人に会い、楽しく賑やかな毎日を送ることができました。

決して歌が抜群に上手いわけではないし、緊張に弱くミスしてしまうこともあったけれど、そこに集まってくれた皆んなの顔を思い浮かべるだけで、「これからも強く生きていける」と思えます。それが最高の誕生日プレゼントでした。

 


今回は、フリーランスとして歩き始めて3年を越え、4年を迎えるという節目。

 


福岡KBCの契約アナ3年間

文化放送の契約アナ3年間

フリーランスとして3年と10ヶ月。まもなく4年。

 


過去の2つの職場よりも長く歩き続けたことになります。

 


思い返すと「契約」という言葉に何度も苦しんできたけれど、今思うと、私は自ら新しい世界に踏み出せるようなタイプではないから、偶然にも 福岡、東京と いろいろな経験が積めたことは私の財産です。

 


流されるままに踏ん張って、ここまできました(笑)もちろんそれには、たくさんの人たちの協力、優しさがあったからこそ。フリーランスの私に喋る、歌う機会をくださっている方々に本当に感謝しています。

 


さて、今後はどうなっていくのかなぁ。

自分でもよくわかりません。

行き先を決めないスタイルでここまで来てしまったので、この後に及んでどうなりたいとかも特に言いません(笑)

 


ひとつだけ言えるのは、

自分の気持ちが向く方に進む。

ただそれだけです。

 

 

 

今回のライブのサブテーマは「空と海」

 


生き物が産まれるきっかけ。

生まれて 出逢って 別れて 死んでゆく

悲しみも絶望もあるけれど

人生は結局その繰り返し。

 


今、この瞬間に同じ時を生きて出会えたことを楽しんでいきたい。

 


そんな気持ちで選びました。

 


いつも私とライブをしてくれるピアニストの永田ジョージさん。やさしく柔らかいピアノで、私の心を自然体にしてくれます。

前回のバースデーライブにも参加してくれたフレットレスベースの織原良次さん。ぬくもりがあって、すっと懐に入ってきてくれるような音が大好きです。

そして、昨年まで続いていたTOKYOFM「五線譜の解体新書」で出会った、作編曲家・ヴァイオリニストの斎藤ネコさん。飄々としていて、掴めない、まさに「ネコ」さん。そのヴァイオリンは情熱的で、ふと見せる保護者のようなほほえみにホッとします。今では最高の飲み仲間です(笑)

 


豪華なミュージシャンに支えてもらい、ありがたき幸せ。

 


さらに、今回もショートショート作家 田丸雅智さんによる書き下ろし作品の「朗読即興ライブ」を行います!

 


ちょっと不思議で奇妙、でもどこか本当にあり得るんじゃないかと思う世界を毎回、描いてくれます。

 


今回は「海風のコーヒー」というお話を書いてくれました。

 


その話を私が朗読して、ミュージシャンの皆さんに音を奏でていただきますよ。

文学と音楽が合わさって、お聴きの皆さんの脳内に映像が広がり、香りがしてきますように。

 


そして今回のライブでは特別に、このお話をイメージした、オリジナルコーヒーを販売します!

その名も『海風珈琲』です。

物語に出てくるコーヒーがご自宅で味わえます。

さて、どんな味が駆け抜けるでしょう。

 


そんなこんなで、もう1/19はすぐそこ。

【前売りチケット】に、「コーヒー(海風珈琲)付」と「朗読CD(野良ラジオ)付」というものがありますが、それぞれ単品で買うよりもお得に買えるようになっています。

 


1/19(日)17:00スタート

加納有沙バースデーライブ2020」KIWA天王洲アイル

f:id:alissak:20200109123252j:image

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/018msz10pctxc.html


楽しい時間を共に過ごしませんか?

お待ちしております! 

 

ぬぼぉーー

f:id:alissak:20200109123344j:image

一世一代のバースデーライブ!!

お久しぶりです。加納有沙です。

気がついたら年末。

令和元年も 残すところ、あと3週間。

ここに来て寒さが和らいで、個人的には嬉しい限りです(冷え性

 

いつもなら、通常通りの仕事(ラジオやナレーションなど)をこなす年末ですが

 

今年は違うのです。

 

とても緊張感のある年末です。

 

 

なぜなら!!

年始、つまりもう来月に迫っている

バーーースデーライブがあるから!!!!!

 

 ひゃほ~~~~~~~~

f:id:alissak:20191211223206j:image

2020年1月19日(日)

KIWA天王洲アイルにて17:00スタート!

「加納有沙 Birthday LIVE 2020」

 

会場は、

今年の8月、IIJさんとのお仕事で、青年失業家(笑)として大活躍されている田中泰延さんとベルリンフィル「第九」を楽しむイベントでお世話になった『KIWA天王洲アイル』

 

その仕事のご縁がきっかけで、なんとライブをやらせてもらえることになったのです!!

 

人生なにが起きるかわからないものです。

行った先々で、いろんな方向に枝葉が伸びていくのはとても楽しいことです。

 

加納にとってこんな贅沢なバースデーライブは二度とないであろう!!と思うほど。

 

当日、頼りない私をサポートしてくれるのは

いつも安定の 旅するピアニスト 永田ジョージさん!

2016年のバースデーライブでもお世話になった フレットレスベースの 織原良次さん!

 

そしてそして、

TOKYOFM「五線譜の解体新書」の番組でインタビューをさせていただいた、

作編曲家であり、ヴァイオリニスト、お酒の努力家!! 斎藤ネコさん!!

 

こんなゴージャスなメンバーに囲まれてライブをやらせてもらえる贅沢、、、、有り難い。

 

 

もう年越しどころじゃなく、

私の頭は来年のバースデーライブでパンパンどころか、パンパカパーンなのです。

 

しかも、ネコさんが私と一緒に曲を作ってくださることに!!

 

 

私が詞を担当して、ネコさんが曲を作る、、、という、どどど緊張の沼に溺れております。

 

はたして、本番までにできあがるのか!!笑

加納のへっぽこ節はどうにかなるのか!!

いろんな意味でお楽しみです。

 

ライブ詳細は、KIWAのホームページへ!

http://www.oasis-kiwa.com/sp/schedule/view/605

 

チケットは、お電話かネットから予約できるように手配します。

(また詳細が出ましたら連絡しますね)

 

ライブのためのグッズとして、オリジナルコーヒーをブレンドしてもらおうと企画中!

ライブ後、ご自宅で加納有沙ブレンドをお楽しみいただけたら嬉しいです(笑)

 

 

さぁー!忙しい年末年始だ!!!

2016年に初めてバースデーライブをしたときは、まだ文化放送のアナウンサーでした。

現在は、フリーランスとなってもう3年。まもなく4年。

 

みんな来てくれるのかしら…不安で胸が押しつぶされそうですが

純粋に いつものように心地の良いライブ!を目指して企画してますから、気軽に足を運んでくださったら嬉しいです!

 

来年 1/19(日)KIWA天王洲アイル

日曜ですから、少し早めの17時スタート!

予定を空けておいてくださいねー!!

 

2019/2020 の境がないほど駆け抜けるぞっ!!

 

f:id:alissak:20191211225730j:image

「田中泰延さんポーズのふたり」

 

#live #jazz #pops #朗読即興ピアノ #歌謡曲 #オリジナル曲 #天王洲アイル

野良ラジオ

高校生の頃、友達の影響でラジオを聴くのにハマり、

それ以来「ラジオ」という媒体が好きで、

運良く、ラジオに携わる仕事につけている今現在のわたしです。


耳から伝わる情報だけで、いろんな景色が見えてきて

しゃべっているヒトがとても身近に感じられるラジオ。

 

 

そんな【ラジオ】をテーマにした不思議な物語を、仲間と共につくりました!

その名も……

『野良ラジオ』

f:id:alissak:20191103234231j:plain

ラジオを聴いていて「あれ?この番組なんだ?聴いたことないな」って思った経験ありませんか?

野良ラジオは、気が付くと不意に始まっている、あなたの知らない未知の音。

話題のスポット、世間の流行り、天気、ニュース、コマーシャル。

突然はじまり、突然終わる。

聴きたくとも、また聴けるとは限らない「野良」の音。

 

ショートショート作家 田丸雅智が

ありふれた日常に紛れ込んだ「ラジオにまつわる摩訶不思議な物語」を10篇つむぎ、

わたしがそれを朗読し、

その声を頼りに、ピアニストの永田ジョージが即興ピアノで彩りました。

 

とってもシンプルで色鮮やかな世界です。

 

「野良ラジオ」を聴いてみたいと思ったあなたは是非

CD⇒ こちらへ

または

Apple Musicなどの【オンライン】から購入して聴いていただければ嬉しいです。

→一覧 https://linkco.re/amp/5rS7sXZa

 

 

そしてこの度、11月15日(金)~17日(日)に池尻大橋にて

【野良ラジオ展】を開催しますー!!

野良ラジオのお話の中から4話を選び、CDのジャケットイラストを担当したイラストレーターの兎村彩野が描いた「お話にまつわるイラスト」を展示いたします。

 

CD(音源)を購入してくださった方は、それがわかるように提示していただけますと無料で入場できます(会場でも野良ラジオCD販売します)

もしお手持ちのスマホや音楽プレイヤーに音源を入れていただくと、イヤホンやヘッドホンで聴きながら絵を楽しむ!…なんてこともできます♪より世界に没入できるはずです。

開場場所や時間など、詳しくは⇒ 「野良ラジオ展」をクリック!

 

そして中日の16日(土)19:30~は、

私と永田ジョージの朗読即興ピアノLIVEを開催します!!(いえい!)

音源版とは違う、その場限りの即興の世界をお楽しみください。

また「音楽ライブ」や「制作の裏側トークショー」はたまた、みんなでお話をその場で作ってみたり??楽しい時間になること間違いなしです!

ライブ詳細やチケット情報は、こちらから!!

 

 

変なラジオニュースが流れてきたり、

中継リポーターがおかしな場所に行っていたり、

奇妙なラジオショッピングのコーナーや

聞いたこともない道路交通情報…などなど

 

ラジオが好きなアナタなら、思わず「クスッ」としちゃうようなお話ばかり入った「野良ラジオ」

是非、お手元に、お耳のそばに  いかがですか??

 

こんな「奇妙な朗読番組」がいつかラジオでできたら、

ぼかぁ~幸せだなぁ~~~

 

#野良ラジオ ⇒こちら

 

https://www.instagram.com/p/B364MzUjE47/

飾りたくなるかわいさ!!!

#朗読 #ショートショート #即興ピアノ #イラスト

#田丸雅智 #永田ジョージ #兎村彩野 #田丸舎

#加納有沙 #LIVE #JAZZ #奇妙 #不思議 

秋めいて

こんにちは。

9月にブログを更新していないことに気づき、何か書かねばと思っているところです。

 

月に最低ひとつは更新したい。

というのが、ゆっるいmyルールなんでございます。

 

最近の私はと言いますと、

イライラモヤモヤすればぬか床に野菜をこれでもかというほど漬け、思いついたように 何か作っています。

 

 

いただいたサツマイモをどのように調理して腹に納めてやろうか…なんぞ企んでいるとヨダレがでるわけです。

f:id:alissak:20190922142856j:image

 

結局「鬼まんじゅう」という、愛知などの東海地方の和菓子を作ってみたのですが

 

f:id:alissak:20190922141900j:image

 

どうです?知ってます?

サツマイモ、薄力粉、片栗粉、砂糖、塩

でできちゃうシンプルなおやつです。

 

止まらなくなる悪いやつです(笑)

砂糖を控えめに作ったので、昔小さい頃に食べていたものに比べれば物足りない感じがしますが、そこは歳をとったということで甘さ控えめがちょうどいいということにしましょう。

 

ある日、道に出ていた野菜マルシェで「シソの実」というものを目にしたので買ってみました。

f:id:alissak:20190922142359j:image

 

なんだかつまみになりそうな匂いがしたからです(笑)

 

こういう嗅覚は良いんです。

 

 

そうして出来上がったのは「シソの実の塩漬け」

f:id:alissak:20190922142416j:image

 

ご飯のお供やパスタの隠し味にも良さそうです。もちろんお酒も飲めそうです。

出来上がるのは、およそ一ヶ月後。

それまでおやすみよ、私の穂紫蘇。

ああ、穂紫蘇っても言うみたいです。

 

たまに、お高めのお店なんかで刺し盛りが出てくるとピンク紫色の花をつけたものが添えられたりしてますよね。その花をちぎって叩いて、醤油に混ぜて食べるやつ。あれ、穂紫蘇の花ですね。その実が、シソの実 なんですってね。

 

購入してからいろいろ調べて、へーーとかほーーとか言いながらキッチンにいます。

 

ちなみに、この間 鶏レバーのソース漬けも仕込んでおいたので

 

いい感じで、スターティングメンバーが揃ってきました(笑)

 

えぇ、もちろん 飲むためのです。

読みたいことを、書けばいい。

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延 著

f:id:alissak:20190816231215j:image

 

この本を読んだ時、とにかくニタニタが止まらなくなった。

長年電通でコピーライターの仕事をし、現在は青年失業家として活躍中の田中泰延(ひろのぶ)さんが、まるで私に話しかけるように、活字とは思えないほどエアリーなボケをかますからだ。

 


そして前のめりに「ふむふむ。」と話を聞いているうちに、自分がいかに浅いかを思い知らされるのだった。

 

 

 

"事象とは、つねに人間の外部にあるものであり、心象を語るためには事象の強度が不可欠なのだ。"

 

 

 

 

この本を読めば、ひろのぶさんが「調べて調べて調べまくる方」であることがとてもよくわかる。まずは、事象が手元にあることをベースに、そこから彼の言葉は料理されていく。

 

 

 

どれだけの知識が頭に入っているのか計り知れない。本来ものを書くには、ものを語るには、そうあるべきなのだと、私はかたく閉じてきた目を無理やり開いて目薬をさされた気持ちになった。

 

 

 

ぐぅーーーーーーー染みる!!!!!!

(でもなんか気持ちいいーー!!!)

 

 

 

ラジオのしゃべり手である私がいつも抱える不安な気持ち。

それは「とことん調べる」という高い山を前に、ズルしてきた日々があるから。

 


結局自分は空っぽなんだと認めるのが怖くて、知らないふりをしてきたが、ついにそれと向き合う機会が生まれたのだ。

 


よし、重い腰を上げよう!!そう思ったも束の間。

 


なんと、そのひろのぶさんと仕事でご一緒する機会が訪れてしまう。

 

 

ベルリン・フィル『ベートーヴェン第九』4Kハイレゾ上映会で、ひろのぶさんのトークショーMCを務めるというお仕事!

 

 

ひぃーーー!!!光栄すぎるが、大変だ!!

わたしはまだ空っぽなのだ!!

なにを喋ったら良いのだろう…

一言も喋れなくなるのではないか。

調べて調べて調べまくる時間は……

 

 

(10分経過)

 


ええい!!悩んでもしょうがない!

こういうときは、ドーーンと会うのだ!

 

 

 

そして、ランチ兼打ち合わせの日がやってくる。

 

 

 

ドキドキしながら平静を装い、約束の時間に遅れないように家を出ると私のスマホが光った。画面を見ると、グループメッセンジャーに立て続けにひろのぶさんから10通もの連絡が来ていた。

 


最初の1通目で「山手線を逆方向に乗ったので10分ほど遅れる」ということは分かったのだが、その他は

 


『私は遅れてまいりますのでごめんなさい、注文だけしておきます

餃子と春巻き、あとはマックシェイクストロベリー味です!!ナゲットのソースはマスタード派ですがそこは遅刻する身ですので皆さんに従います』


と、謎のランチ大喜利が繰り広げられていたのだ。もう、訳がわからない(笑)

ちなみにランチの場所は、マクドナルドでもなければ、中華料理屋でもない。

 

 

 

なんという破壊力だ。

 

時間に遅れるという「陰の空気」が全く漂っていない!むしろ「陽の空気」に変えているではないか。すごい、空気清浄機か。

そして、初対面という壁を、笑いながら肩からぶち抜いてくる。おそろしい!!笑

 

私に張り付いていた脆い鎧が、音を立てて崩れた。

構えていた自分が馬鹿みたいだと思い始めたら、電車の中でニタニタが止まらなくなっていた。

 

 

 

あぁ、本を読んだ時のニタニタはこれだ。

純粋に「たのしい!」と思えるワクワク感だ。

 


この本のタイトル通り「読みたいことを、書けばいい。」としてひろのぶさんが書いたのだから、この本「自体が」ひろのぶさんなのだ。

 

 

 

私はかってに

"事象とは、つねに人間の外部にあるものであり、心象を語るためには事象の強度が不可欠なのだ。"

という言葉に打ちのめされすぎて、ひろのぶさんを見失っていたのかもしれない。

 

 

 

ひろのぶさんは、とっても愉快な大阪の人なのだ。

 

 

結局ひろのぶさんはメッセンジャーで、また違う電車に乗りそうになるというハプニングと、飯田橋の「ラムラ」が「国連ビル」に似ていることを我々に報告し、30分くらい遅れて到着した(笑)

 

 

 

初対面のときにニタニタ笑いながら挨拶してしまったのは初めてかもしれない。

美味しいイタリアンランチの味を覚えていないくらいたのしい出会いだった。

 

 

26日(月)のトークイベント、とっても楽しくなりそうだ。MCとして登壇する身である私が一番楽しみであり、この仕事のお話をいただけて本当に感謝している。

 

 

 

 

 

事象集めに関しては、

とりあえず、はじめの小さな一歩から踏み出そうと決めた。

 


まずは好きなものから、焦らずゆっくり調べていこう。

 


よおーし!『』だ!調べるぞー!

これからボチボチやるぞ!の夏。

 

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

 

 

日本語の曲

8月4日(日)東京ゲストハウス王子ミュージックラウンジで、昼ライブ『日本語の歌、集めました』をしました。

 

f:id:alissak:20190806194549j:image

一緒にライブをしてくれた かなこちゃん、夏樹くん、ありがとうー!

そして、ライブに来てくださった皆様本当にありがとうございました(^^)

 

f:id:alissak:20190806194623j:image

夏空が広がり、燦々と太陽の光が降り注ぐ中、ドリンクの氷が溶ける音やちいさい子どもの泣き声など、いろんな音が音楽と混じって、頭の中で映像が広がりました。とっても素敵な空間だったなぁ〜〜

 

f:id:alissak:20190806194641j:image
特に、かなこちゃんと夏樹くんの作り出す音の世界は、頭の中の映像と共に過去の懐かしい記憶を引き出してくれます。

 

f:id:alissak:20190806194653j:image

ピアノとハーモニカという楽器のことを忘れさせるほど!それだけふたりとも、全身から音が出ているのだなと感じました。素敵。

 

f:id:alissak:20190806194751j:image
いやはや、私のチキンぶりには毎回自分で飽き飽きするほどなのですが(苦笑)いつか深呼吸するように歌がうたえるようになったらいいなぁ。

何事も、力が入りすぎると良くないですね!

 

f:id:alissak:20190806194813j:image

唱歌あり、ジブリあり、オリジナル曲あり、そして演歌・歌謡曲あり!!

自分で口上を言いながら本編も歌ったのは初めての体験でした(笑)

 

おかげさまで、良き日本の夏を過ごせました。しみじみ。

 


さあて、次は………秋だ!

リクエスト曲、お待ちしてます(絶対に次回のライブに来てもらうことになりますけどね)笑

 


LIVE PHOTO📸イナさん撮影。ありがとうございます!

 

#はらかなこ #倉井夏樹 #加納有沙 #東京ゲストハウス王子ミュージックラウンジ #王子 #ライブ

 

《セットリスト》

1st
黄昏のビギン
雨の日に逢いましょう(オリジナル)
麦茶(オリジナル)
さよならの夏
椰子の実
蘇州夜曲

 

2nd

浜辺の歌(夏樹×かなこ)
かもめ(はらかなこオリジナル)
悲しき口笛
世界の約束
ひこうき雲

この素晴らしき世界

おかえり(オリジナル)

 

ENC

童神

 

《おまけ》

f:id:alissak:20190806195320j:image

深刻な「K」不足により、CANOU LIVEでした(笑)

 

よく見るとかなこちゃんもKANACOになってて面白い。