なんでもありっさブログ

見る・聴く・食べる・歌う、なんでもかんでも!

マニキュアがかわくまで

三、四年ぶりくらいにマニキュアを塗っている。

近々結婚式に出席する予定があるから。

 

テレビの仕事があろうとも、丸裸の丸爪で挑んでいた私。

手荒れもひどいし、爪先でオシャレを楽しむ余裕なんざ、カケラもなかった。

そんな時間があるならネコを撫でていたいし、ゆっくりコーヒーでも飲みたいし、なんなら昼寝したい。そう思っていた。

 

ドレスを着るとなると、とたんに手元がさみしくなる。アクセサリーだけじゃ物足りなく、ぼんやりとしてくる。

 

だから、今回塗ることにしたのだ。

子どもを寝かしつけ、歯を磨き、ネコをブラッシングし、いざ!と。

 

鼻にツンとくる香りはどこか懐かしい。

塗るのが下手くそなので、2度3度も塗らない。

一度塗ってトップコートを塗るだけ。

 

なのに

 

なぜか少しテンションがあがってくる。

 

セーラームーンの変身シーンで指先に色がぱぁっと乗ったときのような、別の自分に変身するような気持ち。

 

あぁ いいもんだな たまには。

 

ネコが(なんだこれは!!くさいぞ!)と鳴いてくる。

 

かまうもんか。

貴重な貴重なわたしの時間だい。

 

『マニキュアが乾くまで

 どうかそっとしておいて』

 

そんな言葉が浮かんだ瞬間、ちあきなおみの「マニキュアがかわくまで」が脳内再生された。

 

f:id:alissak:20221114231948j:image

(くさいぞ!くさいぞ!)と鳴くネコ。

旅は非日常への入り口?

うちにいるとなかなか外出することもできず、近場で特に子どもを連れて行きたいところも思いつかないので、出不精になりがちです。

 


子のあり余るパワーと自由奔放さについつい大きな声でガミガミいってしまいます。

 


なので、旅行はとってもいい。

鬱々とした気分が晴れます。

非日常を味わいにいこう!というわけです。

 

 

 

旅館の和室に布団を3枚敷いて、家族4人でゴロゴロと寝ます。私以外のメンバーがそれぞれ布団を一枚使用するので、私は布団と布団の隙間にでてきた畳で寝かせてもらいます。寝返りも打てないので背中がバキバキです。

温泉で癒した身体にさっそく鞭です。

 


お部屋の小さい冷蔵庫にはなぜか我が家の2歳児の靴下が冷えています。一方で、貴重品をいれる金庫の鍵穴の前で金庫破りみたいな顔している0歳児もいます。

 


夕食を配膳してくれる仲居さんが来るたびに「おいしい!おいしい!」と感想を伝える2歳児に、何度拾っても私のおしぼりを床に叩きつけることにハマっている0歳児。

 


「みて!くもがこっちみてる!」と大きな空を指差す2歳児に、売店のおじさんの顔を睨みつける0歳児。

 


旅と言っても子連れ旅なので、その分の疲れは確実にどっしりとのしかかってきます。

 


非日常を味わうというよりは日常の延長戦みたいなことばっかりですが、釜飯を味わうような幸せに包まれるのです。

 


帰宅すれば山のように洗濯物があることを忘れて。

 

 

f:id:alissak:20221029002206j:image

ウニの骨を覗く

鉄棒で世界がまわる

ついこの前、体力の有り余る2歳児と公園で遊んでいた時のこと。

 

いつもは0歳児を抱っこ紐で連れているため、一緒になって遊ぶことができないのだけれど、その日は珍しくノー抱っこ紐で身軽だったので、つい

 

「よぉおし!鉄棒見せちゃおうかな!」

 

と、言ってしまった。

 

何を隠そう、私は小学生の頃 鉄棒がだいすきだったのだ。

鉄棒をからだで挟むようにして膝の裏で手を組み、腕を鉄棒に押し当てて腕の力と振り切った足の力だけで回り続ける『だるま回り』という技を気がおかしくなるほどしたせいで、虐待にあっているかのような痣が腕にびっしりできてしまったことがある。

だるま回りが気になる方はこちら→https://youtu.be/SlM8hDcZ_wQ

 

 

(だるま回りはさすがにもうできないけど、軽く前回りくらいでいいだろう)

 

鉄棒をぎゅっと握り、腕をのばして鉄棒の上に上半身をあげる。

 

そーれ、グルン!

 

と軽めに回ったつもりだった。

頭がぐわんぐわんと揺れて、まさかのめまい。

 

それもそのはず、私はいつの間にか【三半規管 激弱おばさん】になってしまっていたのだ。

しかも、体重も激重だ。

 

平気な顔して子どもの前でへらへらしてみたけれど、半分くらい身の危険を感じたほどだった。

 

痣を作りながら無心で回り続けたあのときは、なんだったのだろう。

 

世界がひっくり返ったように、わたしの頭はぐわんと回った。

 

f:id:alissak:20221004231910j:image

おとなしく抱っこ紐つけておこう笑

蔑ろ

「育児をしていると自分のことを蔑ろにしがち。」

と私が言うと、かなり言い訳っぽい。

 

なぜならいくら育児でてんやわんやしていても、食べたいものはこっそり食べるし、飲みたいものは可能な限り飲む。

 

要は、私が積極的にしたいことか、そうでないかの違いなのだと思う。

 

歯科クリニックへは、1人目の出産後、残された特大の親知らず1本を思い切って抜いた時以来行っていないので、1年ぶりくらいかな?

 

1年ちょっとでこんな事を言われるとは夢にも思わなかった。

 

「あなたには虫歯が6本あります。そのうちの一つには、おおきな穴ぼこが空いています。」

 

なんか奥歯が少し痛いなぁとは思っていたけれど、嘘だろう?

 

口の中に突っ込まれた丸い鏡には、おおきな穴ぼこの空いた奥歯が「えっへっへ。バレちゃいやしたか。どーもすいやせん」と笑う。

 

ジェットコースターを乗り終えたあとのようにグッタリとした私を見て先生が「虫歯は放っておいても治りませんから、きちんと治療していきましょう」と微笑んだ。

 

さっそく別日に、一番問題である奥歯の穴ぼこ虫歯をやっつけることになった。

前回とは違う先生が「では今日は虫歯の治療をしていきますね。お口開けてくださーい。えっ⁈……」と、穴ぼこが空いた私の歯を見て言葉を失っていた。

 

そうだろう、そうだろう。

こんなになるまで虫歯を寝かしておく人はなかなかいないだろう。

ああ。何から何まで心に突き刺さってもうビールをあおりたい気分になる。しかし、私の口にはもうドリルが突っ込まれているのだ。

 

はやくおわれー

はやくおわれー

 

と祈りながら15分ほどで処置が終わった。

 

今度は別の日に型を取って、また別の日に銀を詰めて、そしたら今度は別の虫歯に取り掛かって…

 

気が遠くなりそうだ。

 

うなだれながら帰宅すると、我が家の2歳児がおかえりぃ〜と出迎える。

「アー した? イー した?」

 

(それはいつもあなたにやってあげている仕上げ磨きのやつね)と思いながら

 

『したよ〜〜!!アーもイーも、たくさんしてきたよ〜〜!』

 

と応えると、ヒャッヒャと笑った。

 

たしかに、こどもが口を大きくアーと開けたり、横にイーと開くのと私がやっていることはさほど変わらないな。

 

なぁんだ。やってもらってるだけか。

 

そうだ!今度からは美容院でシャンプーしてもらうような気持ちで歯医者に通おう!!

 

いや、シャンプーで頭は削らないか。

 

ツラい。。

 

 

みなさん、歯はちゃんと磨こう。

 

 

f:id:alissak:20220919235108j:image

「歯、磨いたか?」のネコ。

かっこいい手の動き。

仕事で一緒になる方と仕事の合間の雑談をどうするか。私にとってこれは永遠の課題である。

 

「最近だいぶ涼しくなったと思ったら、今日は急に暑いですね。」

 

なんて普通すぎてなんの面白みもない天気の会話は、申し訳ないほどよくしてしまう。そして当たり前のようにすぐ会話が終わる。

 

私に知識と教養、コミュニケーション能力があればどんな話題でも会話が続くのかもしれないが、それを持ち合わせていないのだから仕方がない。育児に振り回されて(言い訳かもしれないけど)時事ニュースもろくに追えていない。

 

必然と子育ての話題しかしゃべれなくなっていく自分が少し虚しい。

 

 

 

「そういえば、お子さんってなにか習い事とかされてるんですか?」

ーー今回の話題は「習い事」キミに決めたッ☆

 

「いえ、なにも。」となるのを恐れながらも、近々新しい習い事に通う予定だと会話が発展してホッとする。ひとまずこのまま会話の波に乗れそうだ。ありがとう、習い事。

 

新しい習い事は『そろばん』らしい。

しかも、いまどきは「リモートそろばん教室」なんだそうだ。

 

オンラインで先生が手元と顔を映し変えながら教えてくれるらしい。教室まで通う手間がかからないし、なにより人との接触を抑えられて良い。コロナ禍ならではの、進化した習い事だ。

 

そろばんかぁ。私は学校でしか習ったことがないけれど、そろばん教室に通っている子はなぜかカッコよく見えたなぁ。

 

そろばん教室に通っている子は、そろばんを操るかのように机の上で手を動かしながら暗算するのだ。

そろばんのない机の上で、珠を弾くような手の動き。

あれがなんとも、頭が良さそうに見える。

自分にしか見えない透明のそろばんだ。

 

できないくせに、私も机の上で手を動かしながら暗算したことが何回もある。

何の計算もしていない、ただトントンと動く私の手。時折考えるようにして一瞬止まったりして、本当バカみたい。誰も見ちゃいないのに。

今思うと恥ずかしすぎて顔から火が出そうだけど、当時の私は満足げな顔をしていたはずだ。

 

そろばん教室に通う子にとっては、見えないそろばんを弾いたって、カチャカチャという音が聞こえているんだろうな。耳に馴染むほど聞いているだろう、あの音を。

 

そう考えると、そろばん教室って大勢のそろばんの音で溢れているんだろうな。

 

ザーーーッ パチパチ カチャカチャ シャッ

 

 

その迫力を想像すると、「リモートそろばん教室」はややインパクトに欠ける気がする。

自分だけの音しか聞こえないのかな。

 

もちろん「そろばんを習得する」「計算に慣れる頭を育てる」など、目的は別なので問題はない。

 

ただ、大海原で自分の弾く音色だけを頼りに進んでいくドラマチックさは特別なものじゃないかと私は思う。

まぁ、通ったことないから知らんけど。

 

 

 

『そろばん教室ですかー!いいですね。私、そろばんの、最初の、シャーーーッて横に切るやつすきです!』

 

「いまどきはワンタッチで、ボタンひとつでご破算できるそろばんがスタンダードなんで、自分ではやらないみたいですよ」

 

『そうですか、、』

 

 

またバカみたいな切り返しをして、会話を終わらせてしまった。

 

f:id:alissak:20220902230502j:image

私のおおきなかぶ

最近うちの2歳児がなかなか昼寝をしない。

 

寝かしつけに関しては、昼夜共に、手を替え品を替え頑張っているけれど(昨年は歌をうたうチャレンジをした)、効果があるのは決まって「やり始め」だけだ。

 

同じパターンにだんだんと飽きてくるのだ。

そりゃないぜーー。それに慣れて寝てくれなきゃ困るよーー。と思うのは親の都合でしかない。

 

「歌、うたおうか?」

『うた、きかない!』

と返ってきたあの日、咄嗟の判断で、おとぎ話をする作戦に切り替えたのだ。

 

最初はスタンダードに「桃太郎」

 

当たり前に知っているつもりで話し始めたが、人の記憶というのは曖昧で、ざっくりとしかストーリーを覚えていない。

途中で子どもに向けた言葉選びも混乱して、内容がぐちゃぐちゃとしてくる。

 

(あれ?桃太郎からおばあさんにきび団子を所望するんだっけ?ばあさんがかってに押し付けてたっけ?あと犬とサルとキジだっけ?いや、サルなんていたっけ?それってサルかに合戦だっけ?てかどの順番で出会うんだっけ。てかキジってどうやって鳴くんだっけ。キーンだっけ、ケーンだっけ。もういいや、どっちも鳴いとけ!)

 

てな具合で、キーン!ケーン!と鳴く不思議なキジと一緒にあっという間に鬼退治をして高速で村に帰ってきた桃太郎は村人から大絶賛された、という子ども向けにしてはちょっと不思議な言い回しをしてしまうのだった。

 

桃太郎の次の日は「浦島太郎」

その次の日は「ヘンゼルとグレーテル

その次の次の日は「シンデレラ」

 

どのお話も曖昧で、私の創作ストーリーが半分くらい入ってしまっているからか、子どももキョトンとして聞いている。

 

いよいよお話のストックがなくなってしまい(少ないな)、頭に浮かんだのは絵本「おおきなかぶ」の表紙絵だ。

 

(あの話なら「うんとこしょ、どっこいしょ」とカブを抜けばいいんだから簡単よ!)

 

『ある日のこと、おじいさんは畑で大きなカブを見つけました。』もはや植えてもいない。

 

そのあと、おばあさんは娘を呼び(本当は孫)、架空の登場人物「弟」が飛び出し、犬ネコねずみはきちんとやってきたが、みんなで抜いたカブはスープにして飲んだことにしてしまった。

 

その話を聞き終えた2歳児の感想が

『えー すーぷ、のみたい』

 

どうしよう、誤った情報を与えてしまった。

 

やっぱり本物の絵本なり、本を読んであげないといけないかな。

 

わたしの創作ストーリーは既存のものに頼ったものでなく、フルストーリーオリジナルで聞かせてみよう。

 

自分が創ったものならば、キジがアラレちゃんのようにキーンと鳴いても、見知らぬ人物が一緒にカブを抜いても、全く問題ないのだから。

 

それでも、こどもは寝ぬ。

 

f:id:alissak:20220831224242j:image

「何描いたの?」「おか(あ)さん!」

寝かしつけチャレンジ

最近我が家の一歳児はなかなか寝ない。

 

20:30には寝室へ行くものの、寝るのは22:30とかになってしまう。

 

その間、2時間も真っ暗な寝室で、

寝たフリを決め込んで目を閉じ、微動だにしてはいけないという苦行を強いられている母であります。

 

そんなこんなでストレスMAXなので、ひとからアドバイスをもらうのも素直に受け入れられないほど、心がガサガサになっていることもあります。

 

ただ先日

「絵本を読むとか、お話をしてあげるとか、歌をうたってあげるとかーーを寝る前の習慣としてすりこんでいく方法もあるよ。ま、全く効かないこともあるけど」と聞き、

 

(ま、全く効かないこともあるけど)

 

という言葉になぜか救われたので、

物は試しと、まずは【歌】作戦をやってみることにしました。

 

 

はて、なんの歌をうたおう。

 

ねんねんころりよ…はメロディが物悲しい感じがするし、かと言って流行り歌もなんだか違うし(疎くて知らないし)

 

私が自信をもって歌える曲といえば…「#河内おとこ節」くらいしかないのでは。。。

それだと私も子どもも、眠れそうにないですな。

目がチャキチャキになっちゃう(笑)

 

ということで、

歌詞がうろ覚えだけれど、出産した病院の授乳室でオルゴールが流れていたWhen I Fall In Loveにすることにしました。

 

なんかワルツって眠りを誘う気がしません?(わたしだけ?)

 

いざ歌ってあげると、

なぜか「ふぇ〜〜ん」と涙声に。

 

え、なぜ泣くの。

 

と思ったのですが、

2日目も歌ってみたら、どうやら私のマネをして歌っていることが発覚(笑)

 

前から「加納さんはしゃべり声と歌声が全然ちがう!」と言われてはいましたが、マネされて初めて『音の雰囲気ごと変わるんだな』ということが分かりました。

 

 

とにかく、

私が歌っている間はじーーーっと聴いている1歳児なのですが、何ループかし終わると……余韻を持たせてまた復活し

 

シーツを剥がす

カーテンを開け閉めする

掛け布団にダイブする

ベッドで跳ねる

枕を投げる

換気口を開け閉めする

ひとりでいないいないばぁをして笑う

 

とハッスルモードへ。。。

パワー有り余りすぎてる(笑)

 

ダメかもしれないけど、とりあえず数日間は歌い続けてみようか、と思った母なのでした。

 

f:id:alissak:20211208144450j:image

知らないうちにホワイトタイガーと仲良し、なネコ。