読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもありっさブログ

見る・聴く・食べる・歌う、なんでもかんでも!

十人十色、雨十色。

あづいーーーー


寝苦しい夜がやってきました。

湿度が高くて肌がペトペトする感じ。

あぁ不快。


ただでさえ薄いわたしの前髪が

しっとりとしたおでこに張り付いて

見てられない状態です。


全国的にだんだんと梅雨模様になってきました。

雨がたくさん降って被害がでているところもあるので心配です。



雨。


厄介者に思われるけれど

生きていく上で大事なもの。


くにまるジャパン月曜日のコメンテーター河合薫さんは、ストレスのお話をするときによく雨に例えてくれます。


ストレスの雨が降るとき


傘を差すのもよし、

濡れないように避難するもよし、

誰かの傘に入れてもらうのもよし、


うまく付き合っていくべし。



本当の「雨」もそうなんじゃないかなぁと思う今日この頃です。


さすがに未曾有の雨や天災となると簡単な話ではないですが、対策をとったり、備えたりして。


普段の雨には、愛でるくらいの余裕があると、自分が成長していけるような気持ちになります。



先日、そんな【雨】を感じるイベントに参加してきました。


「雨十色 〜あめといろ〜」@無垢里


「雨」を切り口とした、書と硝子と和菓子のコラボレーション展。


https://www.instagram.com/p/BG1oO7yP5kF/

「雨十時(あめといろ)」@無垢里書・国分佳代 × 硝子・波多野裕子の展示に、彗星菓子手製所の「雨」をテーマにした和菓子のコース。外はぴーかんなのに、部屋の中はしとしと甘い雨が降ってた。


彗星菓子手製所が

和菓子に、書と硝子の世界観を閉じ込めます。


わたしの備忘録に、と写真を撮りました。

それぞれの「名前」と言葉の解説、お菓子の説明です。


https://www.instagram.com/p/BG1ojPvv5lK/

【甘雨〜かんう〜】程よいときに降り、草木を潤し育てる雨。ハスの葉の上の雫のよう。ほのかな甘さの錦玉羹。


https://www.instagram.com/p/BG1o1_NP5mG/

【雨奇晴好 〜うきせいこう〜】雨の時も晴れの時も、それぞれに景色が素晴らしいってこと。ずんだ餡の山に、透明な雨が降る。


https://www.instagram.com/p/BG1pL2oP5nM/

【雨余香 〜うよかんばし〜】雨上がりの木々の美しく香る様は、新たなものを産みだす可能性を秘める。タピオカと葛寄せでプルプルもちもちしていて、中にはランブータン(ライチ)がシャキシャキしていい香り。


https://www.instagram.com/p/BG1pe0dv5n8/

【白雨 〜はくう〜】夕立。にわか雨。パリパリさくさくとする食感は夕立そのもの。出来立ての琥珀糖は表面の砂糖が薄くて面白い食感。プラムの味がほのかに。



和菓子に閉じ込められた、いわば「雨の箱庭」をパクッとおいしくいただいてきました。


心がしっとり潤って、


私はしっとり汗をかく。